中年の女性

顔のたるみは筋トレで改善|若いときの顔を取り戻す方法

相乗効果のあるお手入れ法

女の人

アンチエイジングを行うことで、顔の加齢によるたるみなどを抑制することができるかもしれません。また毎日継続すると、より効果が出やすいといえるでしょう。お気に入りの有効成分を見つけてみてはいかがでしょうか。

詳細

若々しさを取り戻す方法

顔

加齢と習慣によって変化

顔のたるみは加齢によるものはもちろん、日常のふとした小さな習慣が原因となることもあります。まず加齢による顔のたるみですが、年を重ねるに連れてみずみずしい肌を作っているコラーゲンやエラスチンなどといった物質が少なくなっていくことでおこります。コラーゲンやエラスチンが減少するのは加齢だけが原因ではありません。紫外線を浴びたり、乾燥状態が続くとそれらが積み重なるとみずみずしい肌を作る物質が失われてしまいます。また、肩こりや頬杖なども顔のたるみの原因になってしまいます。肩こりは重力によって常に前のめりになるため、頬杖は肌がひっぱった状態になってしまうためです。このように顔のたるみには色々な原因があるのが特徴なのです。

体操と化粧水のダブル使い

顔のたるみを防ぐには、原因となる行動を改める必要があります。頬杖や肩こりを解消してあげると、たるみが解消されるというメリットがあります。また加齢によって下がってしまった顔を、若いときの顔を取り戻す方法があります。一番効果があるのは、表情筋を鍛えるということです。表情筋を鍛えることによって、下がった頬などがキュッと上に引き上げることができるからです。表情筋を鍛えるには「あいうえお体操」がピッタリです。あいうえお、を大きく顔と口を使って言っていくだけです。それだけで、顔のむくみもとれ筋肉を鍛えることができるため若々しさを取り戻すことができます。同時に、コラーゲンやエラスチンなどが含まれる化粧水を使用することにより、さらに効果がアップします。

日頃のケアで予防

中年女性

たるみは細胞の老化により肌のハリは失われ肌が垂れ下がることで起こります。顔のたるみは特に見た目年齢に影響を与えます。スキンケアや表情筋を鍛えるなど日頃の習慣でもたるみの進行を遅らせることができるので早めに対策を取りましょう。

詳細

若見え化粧品

顔に触れる婦人

女性の見た目年齢を決めるのは、ハリのある肌ですから、顔のたるみを予防、改善するための美容アイテムは人気です。リフトアップ効果が期待できる美容液などの化粧品や、身体の中から潤いをチャージするサプリメントが有効です。

詳細